読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

推定自閉症者と支配欲

Autism Spectrum

私の周りにすごいエピソードを持つ裁判官がいます。

 
彼は現役ですが、もう高齢。
 
彼の幼少時にはアスペルガーの診断はなかったはず。
 
彼のエピソードが強烈です。
 
血も涙もない。動物の惨殺は平気。
 
兄弟を殴ってケガさせたり。
 
すごく弁が立つから論破。
 
 
今は肉親と絶縁しています。
 
彼の肉親によると、子どもの頃から支配欲が強く、
親にもよく反抗していたようです。
 
大人になって実父が高齢になって弱くなってから、
支配欲のピーク。
 
実父の死に方さえも彼が決めたんです。。。
 
 
ヒットラー自閉症だったのでは?という人がいます。
 
カリスマ性があるんですよね。
 
そういう人に惹かれ従ってしまうのも、人間の弱さかもしれません。
 
 
人間の欲望の中で、支配欲ほど恐ろしいものはないなと思います。
 
私は母親に愛情という変形で支配されて育ったので、
人の支配欲に敏感です。
 
今はもう抵抗するとかじゃなくて、なるようになれ、と。
 
支配したい人は支配されることへの不安、抵抗も強いですし。
 
経済も政治も支配したい人VS支配されたくない人で盛り上がる。
 
ドナルド・トランプに抵抗するのも、製薬会社を否定するのも。
 
どうなってもいいじゃんっていう生き方が実は平和だったりします。
 
自分の観方の問題ですから。
 
 
ちなみに私の母も気づくと自閉症的エピソードが多々あります。
 
ネガティブな経験を忘れられない、許せない脳をお持ちです。
 
離婚したかったけど小さい私と妹がいたから離婚しなかった、という
愛情の押し売りと、自分の思い通りに生きてなかった抑圧も抱えています。
認知症になる傾向大)
 
母にはまだ遅くない、今を楽しんで過ごして、
認知症を免れてもらえたらと思ってます。