読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

天井修理後の粉塵・化学物質問題。

おはようございます~

夕べも一晩中空気清浄機を稼働させていました。

今朝起きたら、まだ少しシンナー臭いけど、だいぶおさまってます。

(でもそれは下に書くけど空気清浄機のおかげではないかも)

リビング・ダイニングが広々したので、テーブルを

ダイニングテーブルとしてちゃんと使って朝ご飯を食べました。

子どもたちにも好評でした。

プレイデイトで友だちの家に行くとちゃんとダイニングテーブルがあるもんね。

それにいくらキッチンが広くても、毎度キッチンテーブルで食べるのは

合理的ではあるけれども、食事へのありがたみがないかも。

オージーは大人になるとけっこう食卓につかず、カウチ(ソファ)に座って

ワンボール・ワンプレートディッシュでテレビ見ながら食べてたりする。

せめて家族で暮らすうちはやっぱりちゃんとみんな食卓に揃って、

いろいろ学校のこととか友だちのこととか話しながら食べるようにしないと。

それが大事だよ~って、修理のおじさんとおしゃべりしました。

さて、ペンキの臭い。

換気しようにも、今日は室温14℃でけっこう寒いんですけどガーン

窓開けておくのも。。。

まぁまだ子どもたちもレゴとか避難させた部屋で遊んでるし、

今日も空気清浄機をまわしておきます。

そうそう、それでどうしてにおうんだろう?って考えて。

アロマでは精油の瓶を開けると揮発性分子がただよってそれがにおいになる。

さて、この臭いと匂いの違いはあるんだろうか?とか思っちゃって。

修理のおじさんは実はペンキ屋さんだと最後に知った。

あ~!だから彼にとってはペンキの「匂い」なんだね、「臭い」じゃなくてビックリマーク

塗料の臭いではなく、一般的な悪臭というのはこちらのサイトによると

http://chemeng.in.coocan.jp/ice/ice_s6.html

タンパク質だそうです。

タンパク質と言えばアミノ酸

アミノ酸は窒素、炭素、硫黄。(最近別件で硫黄のことを調査中)

アミノ酸グリシンシステインなど)が分解される時に出る

揮発性物質が臭いの原因だそうで。

話がそれるけど、私が唯一日本で正社員として働いた会社では

アメリカ製の芳香剤を売ってました。

その会社は他者が芳香剤を売る中で、たぶん最初?消臭・芳香剤を開発。

もともとトイレの消臭剤を作ってたのでベースはあったと思います。

私は個人的にはやっぱり芳香剤でごまかすんじゃなくて、

元から絶ちたいと思うほう。特にトイレには必要でしょう!

さて、話戻って。

おとといから天気がコロコロ変わってて、やや湿度が低め。

あんまりくさくなくなったと思っても、実は湿度が高いと

揮発性物質が出にくいらしいので、油断してはいけないな。

土曜日、子どもたちのリクエスト、今日もまたシティですよショック!

おきまりのコース。。。

ではすてきな一日を~