読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

日本をバカにしない。

こんばんは☆

海外に住んでみると、日本を客観的に見ることができるようになる。

日本のことをダメだ、ダメだと言う日本在住日本人、

海外在住日系人が多いけど。

私はそうは思わない。

むしろ、日本ってやっぱりいい!って思える。

日本の教育も、実は海外よりいいこともあるし。

自閉症児の療育については別。というか、不明。

X線の長いくねくねの腸をこの目で見て以来、

日本とか日本人ってけっこう特殊だと思える。

そのユニークなところを否定して海外欧米にあわせる必要は全然ない。

腸の特殊性はそのまま日本人の特殊性を物語ってる。

西洋人と同じに考えちゃいけないなと思えた。

皮膚のきめ細かさ、表皮の厚さも、仕事しててつくづく思うけど、

日本人、中国人、西洋人、かなり違う。

インド、アフリカあたりの人と日本人の皮膚の質は似てるかな。

腸と皮膚は表裏なんで、両親の人種が異なるお子さんたちは

皮膚の感じに拠って腸がどっちのタイプか推測できる。

そしたらそれに合わせて、腸へのアプローチも変えるべき。

すべてに関して日本と海外を比べて論じ、そうするとたいていは

日本ってダメだよね、となるのは残念だと思う。

宗教みたいに日本をバカにして海外を崇拝する傾向があるけど。

やめようよ!