読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

人からの幸せの押し売りで気づく、自分の押し売り行動

ブログ

やっぱり人間、自分の経験が一番身に染みると思います。

 
お子さんにすごい愛情の押し売りをしているママさんに、
幸せの押し売り(宗教ではないです)をしてみました。
 
どんなに人にいいと言われても、自分が嫌なものは嫌ですよね。
 
わかってくれたといいんですが。
 
 
私は母から幸せや愛情の押し売りをされて育ちました。
 
私はあなたのためを思って○○している、っていうのが重かった。
 
それって母の支配欲なんですよね。
 
あるいは、子どもへ愛情を押し付けることで自分の生存意義を感じてる。
 
確かに私は母の思い通りに育ちましたけど、ゆがみました。
 
だから20代でいろいろ心身問題が出でどうしようにもなかったとき、
母に私はお母さんの言いなりにはならない!重たかった、もうやめて!と
大泣きで喧嘩しました。
 
それから20年近く。
 
海外に離れて住んでいてちょうどいい感じです。
 
母は今老人大学で芸術を勉強しています。
 
今までは私や孫たちに何かあったらいつでもオーストラリアに行くからね!
と言っていた(確かにしょっちゅう来てもらっていた)けど、
老人大学が始まってからは大学優先の毎日を送っていて、
こっちが頼んでも学期中の来豪は拒否されるようになりました・笑
 
70代になってやっと自分の人生を生きてくれているようでよかったです。