読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

初めてのサーフィン@Torquay

シドニーに住んでいた時はけっこう身近に海がありました。

だから子どもたちにニッパーズとかサーフィンさせたかったのだけど、子どもたちは興味ナシ。

私はサーフィンしたことないし、しかも女親。

サーフィンに興味ない男児二人を連れてサーフィンするのは難しかった。

けれどもとうとう、めでたくみんなでサーフィンデビュー音譜

このところめっきり秋めいてきたメルボルンですが、日曜日は30℃超えの青空晴れ

最高の海日和波

メルボルン近郊でサーフィンと言えば Torquay。

グレートオーシャンロードの始まりの地。メルボルンから車で1時間半くらい。

ここまでドライブしたのも初めて。

ちなみに日本語でトーキー。

これを普通にトーにアクセントをおいてしまうと通じず。

間違った発音を子どもに教えてどつかれました(汗)

関西弁風にキーにアクセントをつけたらいいのね。

去年からお世話になってるオーペアSちゃんがもうすぐ日本に帰国。

でもサーフィンしたことないから記念に、そしてみんな初心者ってことでスクールに入りました。

私、ほぼ40代半ばで初サーフィン(爆)

某サーフスクールで朝10時から2時間のグループレッスン。

まずはメインストリートにあるお店で受付、ウェットスーツを借りて着替える。

ビーチまで歩いて数分。

ビーチ前の駐車場にサーフボードを積んだトラックが止まっていて、そこでボードを受取。

参加者は総勢20人くらいいて、二つのグループに分かれました。

DS2は参加者最年少。

インストラクターは3人。

そして私たちのメンターさん二人もサポートしてくれました。

前半後半あり、まずは前半。

ビーチで輪になってルールとか安全について話をきき、ボードへの乗り方3ステップを教わって練習。

そしていざ海へ!

DS2、インストラクターさんに押してもらって、しょっぱなから波に乗っていたビックリマーク

DS1はイマイチ立つ位置が間違っていて、それを私が指摘したらキレた・・・

そんなわけで彼は前半ほとんど波に乗れず。

私は我ながらけっこうコツをつかめてたと思うにひひ

ただ、波にナナメになってたりするとちゃんと乗れなかった。

DS2は、この子、才能ある?って親バカになるくらいにすいすいと波乗り。

前半終わってビーチにあがり、今度はクイックバージョンの乗り方を教わりました。

うつ伏せの姿勢から立ち上がるまで一気に。

私は動きは完璧だったと思うけど、どんどん腕が重くなり、支えられない。

腕はなんとか伸びて両足滑り込ませたものの足首が立たなくなってそのままビーチへ。。。

体力のなさとか年だな~って事実をひしひしと感じてしまった。

でもまぁこれもまた次のモチベーション。

解約しようと思ってたけど、またジムに行く目的ができた♡

後半のDS1は前半とまったく違って、私を親バカにさせてくれた。

波に乗るのが一瞬とかじゃなくて、しっかり波乗りしてビーチのほうまで行ってジャンプしてボードから降りる、を繰り返し。

なんだ~、やっぱりDS1もいけてる♡

息子たち二人、サーファーにさせたい野望が・・・(笑)

私はもう2時間終わる頃にはすっかりげんなり、自分にがっかりだったけどこれが現実。

海はきれいだし、とっても天気が良くて波も良くて、本当に最高の初サーフィンでした。

気温30℃超えてたけどウェットスーツ着用。

これが余計に私の体を重く感じさせたかもしれない。(といいわけ言ってみる)

最後の記念写真☆ 加工してあるけど海がきれいでしょ?

またお店に戻って着替えた頃にはもうお昼過ぎ。

メンターさんの一人がTorquayにお住まいで、彼のプール付き、かつ海が見える豪邸にお邪魔して、奥さんのお手製ランチをみんなでいただきました。

子どもたちもサーフィンまたやりたいって言うので、これからは月1、2回はTorquayでサーフィンだ~♪