読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

アマゾンで発売前からベストセラー?

3月14日に発売の『断薬のススメ』という本。

まだ発売されてないのに、アマゾンではすでに薬・サプリメントカテゴリでベストセラー1位になってるってどういうこと?

予約だけでベストセラーになっちゃってるのかしら?

私は薬は摂り方が大事、問題だと思っていて、鎮痛・解熱剤とかステロイドなども摂り方を間違えると効果がないし、問題なだけ。

すべての薬は毒である、と著者は言い切る。

まぁ毒かもしれないけど、じゃぁ漢方とかサプリなら毒じゃなく、害にならない?

私は中国製の漢方のほうがよっぽど信頼できないけどな~

漢方もサプリも何かを効果が出るくらいに大量に摂れば、そこは良くなるかもしれないけど、実際にはそれまで問題でなかったところに害をもたらす。そういう例を私はいくつも知ってる。

それに漢方やサプリを無期限に摂ることは西洋薬と同じく問題だと思うし、依存させるし、終わりがないから西洋薬よりタチが悪い。

西洋医学は急性期ケアとして発達してきたので、薬も原則急性期、限定的に使う。

その効果的な摂り方で、その摂り方を患者に教えるのが医師の役目ではないだろうか?

DS2の命を救ったステロイド

急性期に正しくガッツリ使って、回復してスッパリやめた。

例えばステロイドは長期で摂るべきものではない。

長期で摂れば免疫系に不具合が起きるのは当たり前。

私は統合医療を実践したいけど、人の不安を煽って自分の医療ビジネスを上げたいんじゃない。

医療健康系ブロガーの一つの記事を読んで、「この人の考え、同意できるな~」とうれしくなってその他の記事をたどって行くと、この著者のような現代医学反対派・自然医療過激派にリンクしてしまう。。。

方向性は間違ってないと思うんだけど、「人々の健康のために役立ちたい」と熱く語る人ほど実際には自分のビジネスと絡めてて、エゴが強くてガッカリすること多し。