読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

子どもたちの日本滞在〜メルボルン4学期スタート。

こんにちは☆

9月の半ばから日本に帰ってきました。

到着早々関東に台風直撃。

予定どおり成田空港に到着。

空港から都内までの道路台風の横風がきつかったけど、

雨が少ない時間帯だったので助かりました。

東京で子どもたちがしたことといえば・・・

1、レゴランドディスカバリーセンター@お台場

2、東京ディズニーランド

以上。

今回はキッザニアには行きませんでした。

子どもたちも(というか実際DS2は行ったことを覚えていない)行きたいと

言い出さなかったので。

遊びに行った話はまた別記事にて。

DS1は自分のPCを持参してたので、実家ではネットで

学校の友だちといつもど~りにチャットしてました。

東京スカイツリーは台風が来てたり天気が悪かったり、

実は滞在してた都内の身内の家から見えたのでそれでオッケーで。

都内で行ったところと言えば、マイナーな北東部中心で。

池袋には実家へ通過で一回、あとは私のいとことランチしただけ。

新宿には帰る前の日一度。紀伊国屋と高野とラーメン屋へ。

これも感動があったのでいつか別記事にて。

東京以外で出かけたところといえば、長野県の別所温泉と石川県の金沢。

私は日本列島の北陸地方だけ行ったことがなかったので、

これでいちおう全部行ったことになります。

メルボルンに帰ってきて週末を過ごし、サマータイムに突入。

今、日本との時差は2時間(日本より2時間早い)になりました。

この1時間、2時間がけっこう大きな差だったりします。。。

4学期が始まって早々、子どもたちの学校ではスイミングレッスン。

オーストラリアのほとんどの公立小学校にはプールがないので、

各学校でプールとコーチを手配して、スイミングレッスンを行います。

DS1は7歳くらいまでスイミングを習っていました。

でも上級になっていくとコーチはプールサイドでの指導になり、

集合→口頭指導→泳ぐを繰り返します。

そしてDS1の場合、泳ぎよりもコーチの話をきけないので注意され、

あるいは困った子ってことで目をつけられ、結局辞めました。

とりあえず8歳のときフリースタイルで50mを1回泳ぎきったけど、

スイミングにはトラウマができて・・・

小学校のスイミングレッスンは毎日1時間弱を2週間。

専門校に通っていた2年間はスイミングの授業はなく、

(プールに入ることはあったけど、指導を受けてはいない)

私としてもDS1は拒否半応示さないで楽しくレッスンを受けれるのか、

ドキドキしてました。

初日は「ボク、泳げない~」って一本調子でつぶやいてたけど、

2日目から「ボク、泳げた~」ってちょっとだけ抑揚が入ってたので

安心してました。

DS2のこともそれなりに心配でした。

スイミングレッスンを受けたことがないので。

でも楽しく犬かきとか上を向いて浮かぶのとかやっているようです。

こんな感じで4学期始まりました。

しっかし今、午後6時なんですけど、太陽がまだまだ高い位置にある。

夕方=夕日をみる時間と思ってる私には、とても夕方とは言えない。

AUSの天気も日本と同様に異常気象です。

土曜日快晴、日曜日土砂降り。

今朝起きたらリビングが13℃でブルブル。。。。

健康には気をつけていきたいです。

ではまた☆