読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

2+4で合計6針も縫う事態に!

おはようございます~

今日は子どもたちも私も普通に学校に行く日でしたけれども。

昼頃、病院のイマージェンシーから帰ってきて、DS1と二人で家にいます汗

私は今朝、子どもたちを学校に送った時に、DS2が学校のジャンパー

を学校のどこかに脱ぎ捨てたまま見つからないので、彼と二人で

忘れ物コーナーや校庭やら探してました。

やっぱりみつからないので、じゃぁ私もシティの学校に行くか、

学校を出ようとしたら、DS1が転んでSick bay(保健室)にいるよ!

と彼のクラスメイトに言われ。

たった数分の間に何が起きたのか?きいたところによると、

DS1はクラスメイトと追いかけっこしてて転び、

ひざをコンクリートで強打して2ヶ所、深いえぐれた傷が叫び

幸い彼の担任が元ナースだったこともあり、応急処置をしっかり施してくれて、

たぶん縫わないといけないから救急車を呼んだから待っている、という状態でした。

メルボルンの病院にはかかったことがなくて、最寄りの病院の場所も知らず。

とりあえず何時間待たされるかわからない(混んでいる場合、命に関わる

症状から手当が受けられる)ので、DS2も連れて行きました。

そしたら病院の救急外来(イマージェンシー)はガラガラ。

患者が誰もいなかったので、すぐドクターにみてもらえました。

DS1は幸いにもほとんど痛がらず(鈍い~!これぞ自閉症の特典かも)。

もうまさにパックリな傷なのでスティッチだね~、とナース。

そのあとドクターが来て、その上のシニアコンサルタント(教えるドクター)が

指導しながら(幸い骨には異常なし)処置が決まりました。

ところでここまで、ナース、ドクター二人、全員アジア人でした目

地域柄??

ナースがドクターに指示されたから、とパナドール(痛み止め)を持ってきたのを

飲み、そのあと皮膚からの局部麻酔。30分ほど放置。

スティッチ処置は、ただ単にそこの場所が狭かったからという理由で

小部屋に移動して、はじめました。

ドクターの準備が整ったら、まずは麻酔。

オトナだったらもうそのまま注射の局所麻酔だけど、子どもなので

まずは表面からだそうで。

オトナでも皮膚の麻酔がないまま注射の麻酔だったら、絶対痛いはず!

って見てて思いましたよ。

傷と平行にして皮膚の真皮層(赤い)に針を刺しては麻酔を注入、

移動して刺しては注入、という感じで何ヶ所も叫び

DS1は針のチクチクを感じなかったので平気でしたチョキ

処置には私も立ち会ってました。

DS2も同じ小部屋の中で見えないところに座らせてたけど、

何度か処置を覗きにきてました。バッチリ縫ってるところを見て。

近づいて来てドクターの邪魔をしないようにするのが大変でした。

DS2の傷は漢字の二みたいな状態。

長いラインは4針、短いラインは2針縫いました。

へ~、そうやって縫うのかぁと感心しながら見てました。

(ナース目指してるし)

そして最後6針目が終わったころに、あれれ~ダウン

私、急にめまい・吐き気に襲われ、座り込んでしまい。。。

ドクターに私ちょっとトイレにと言うが早いが、(出産時と同じ)

近くのトイレに駆け込みましたむかっ

ゲロゲロ。

ほっとしたからかなぁ、一気に脳貧血っぽくなりました。

(その他満月の理由もあるだろうし)

でもトイレから出たら回復パー

もうだいぶ血をみるとか、えぐいのをみても大丈夫と思ってたのに、

最後でガックリ

DS1の膝、骨までは見えてなかったけどね、かなりえぐかったっす。

縫うところも、ドクター、カーブした針糸を皮膚に刺して、切れ目の両脇を

結び合わせる時に皮膚を引っぱるわけですよ。

DS1本人は麻酔がきいてるから全然痛くないんだけど、見てるとありゃりゃ~

でもドクターにしてみたら「患者の皮膚」も仕事道具なわけで。

よい仕事をしてくださいました。

チャイニーズのちっちゃくて細~い女子ドクターでした。

さて、私の予想ではそろそろパナドールが切れて少しずつ痛みが出る頃。

と、痛いと言い出したので飲ませました。

DS1は帰りに買ったクリスピー・クリームのクッキークリームの

ドーナツを食べ、ランチのサンドイッチを食べ、そしてさらに

私が焼いたチョコマフィンもすべて平らげつつ、コンピュータやってます。

つまり元気です。

明日は学校に行くと言ってますが、放課後はどうしよう。

私は仕事が入ってるのだけど、断るべきか。

仕事を再開しようにも、やっぱりこういうことがあるとままならない。。。

大学のほうは前の大学には行かないつもりなので、よかったけど。

小学校の先生たちも、私、通信制の大学に変えたんだ、って言ったら

そのほうがいいよ~っと言ってたにひひ

ではDS2のお迎えに行ってきます~