読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

訂正)水銀とか、自閉症がらみのトンデモ検査に対抗。

おはようございます~

※夕べの記事、ちょっと訂正しました。

自閉症児の親をしていると、いろいろな検査法や治療法に出会います。

本物の検査というのは、一回こっきりじゃだめなんですよ。

治療開始前から、治療と平行して連続して実施しないと。

髪の毛の水銀とかも、西洋人と腸(の構造)が違う日本人は

もともとの量が多いかもしれないし、そのときどきで違うかもしれない。

私は毛髪検査を外部(しかもサプリも販売してるラボ)に頼りたくないので、

自分で尿検査をするセットを購入しました。

ここ2ヶ月ほど自家製コリアンダーエキスを摂っていないので、

まずはコリアンダーなしの状態でDS1の尿検査をします。

尿内重金属がわかるという検査キットです。

しかもそれも3日~一週間ほど毎朝採取します。

データにばらつきがないか確認し、平均値が出たら、

コリアンダーエキスを朝食時と夕食時に摂取します。

摂取といってもそのままでは飲まないので、味噌汁に大さじ1混ぜます。

尿検査も継続します。

自閉症児の体内・脳内?に蓄積されているとされる水銀についても、

フツーに考えたらおかしいって思うことも、疑問に思わない。

日本の◯Kという検査会社のウェブサイトも、ちょっとしたデータを使って

うまーく書いてますけど、私はトンデモと認定します。

で、私の検査計画ですが、コリアンダーに効果があるという仮説のもと、

継続検査によって水銀値が減っていっている場合、コリアンダー

有効性があるとみることはできるかもしれない。

この場合、最初から水銀値が高いかどうか、どのくらい高いのかは

関係ありません。

あくまでも彼の水銀の値が減ったかどうか、そしてミネラルバランスに

着目します。

ちなみに、まだ私はプロ用の検査キットの到着待ちで、どのように

検査するのか、よくわかってません。

こんな検査法をみつけたけど、これは家庭では無理ですね。。。

http://www.iph.pref.osaka.jp/report/kenkou-kiki/14nendo/1-3-3.pdf

キレート療法で水銀が減ったことにより症状が改善したという例がある

クリニック(日本)の検査法のサイト

だけどチャートをみると、水銀のバーはどちらも赤い域に入ったままですよ。

しかも女性の例のほうは下から3番目のバーがけっこう変わってて、

実はミネラルバランスが変わったことが効果だったとも言えるかも。

他にも、筋肉反射テストという検査法があるけど、

その検者の思い込み(すっごく強い無意識・潜在意識)が入りやすい。

やっぱり自分の「目」で確かめるしかない。

検者に頼らない、客観的に誰が見てもわかる検査。

まぁそんなわけで、自分で検査してみようと思い立ちました。

来週には検査キットが届くので、今から楽しみ☆