読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

値切るのがフツーなメルボルンで。

こんばんは☆

メルボルンでよくみかけるお店。

クリスチャン系とかもろもろのNPO運営の、

寄付された物を売るオポチュニティショップ(リサイクルショップ)。

つまり、あらゆるところに中古品が安く売っている。

フリーマーケットを出してた時にすごく嫌だったのは、

手当り次第に値切られること。

少しくらいならいいけど、大幅な!

みんな安く売ってるし、メルボルンにはリサイクルショップが多すぎて、

価値がわからない人が多いのかな?

お金持ってそうな人でも値切ってくるの。

そういうのが本当にキライ。

でもたまにちゃんと価値がわかる人がいて、品物と私がつけてる値段と

バリューをわかった上で買ってもらえたとき、すごくうれしかった。

私はあんまり交渉上手じゃないし、せこいことしたくない気持ちがあって、

自分が買うときは値切りません。というか、性格的に値切れない。

相手の言い値で話をまとめることが多い。

ほんとに自分がぼられてる!ってムカついたとき以外は。

だからかどうかわからないけど。

ほんとにその値段じゃ払えないからキャンセルさせてって告白したら、

値下げしてくれて、いいオファーをもらえた音譜

予想してなかったので単純にすごくうれしいニコニコ

ってことは、こっちの道に進めってことですね?

ほんとに人生ってどうなるかわからない。だからおもしろい。

でも言えること。お導きをありがとうございます♡