読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

むふふなマフィンと自宅出産。

おはようございます☆

おいしいハムを買う前に、お向かいのカフェでコーヒーとマフィン。

ここのマフィン、マスターのママと奥さんが焼いてるそう。

photo:01

おいしいアップ

さて、テーブルにあった今朝の新聞から。

データのトリック。

photo:02

自宅出産は問題があると言われて敬遠されてるが、自宅出産が出産のひとつの選択肢になるためのひとつのエビデンスができた、と。

リサーチの結果、自宅出産にはほとんどトラブルがなく、ほとんどが帝王切開など必要のない自然分娩だった。

自宅出産希望カップルや助産師にはいいデータだけど、ここにトリック。

母集団は26歳から35歳。

んー、実際の出産率は35歳以上が増えてるから

この調査は現実的ではないよね。

結局研究者もデータを利用する販売者も、都合のいいデータだけを集めて主張をサポートするもんね。

でもまぁ、ウチの二人とも医師不在、助産婦さんと出産した私だし、

安産のサポートもやってるし。

出産そのものは医療ではないと思うし、合併症がなければ出産時に医師は不要かも。

もちろん問題があったときのすぐに医師に引き継げることが重要。

安産だけでなく、自宅出産もサポートできたらいいなぁ☆

iPhoneからの投稿