読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

宝石的ケーキ le petit gateau @Melbourne City

こんばんは☆

試験はまだあと2つあるのだけど、来週に一つ、再来週に1つ。

ってことで久しぶりに母と出かけてきました。

今日は雨でしたが、シティまで足を伸ばしてみました。

今日の始まりはCollins St。

実のところ母は今までCollins Stを歩いたことがなく。

確かに母と一緒のときはたいてい子どもたちも一緒で、

彼らがいるとあの通りはちょっと歩きづらい。

(数々の高級ブティックが並んでる通りです。)

High Teaの老舗のケーキを眺め、んー、違う!ということで

同じアーケードのHaigh's でお気に入りのベリーチョコを買い、

(このベリーチョコはAUSのお土産にかなりオススメ♪)

テクテクとElizabeth Stまで歩いてBourke Stへ。

GPOのCAMPERでブーツを物色。

久々にほしい靴が見つかって働く意欲を新たにし、

MYERデパートの花屋さんでTerrariumに興味津々。

成長がゆっくりなんだそうです。

不自然かなぁ?

今日のランチはチャイナタウンの飲茶に行きましたが、

そのお店のことはまたあとで書くってことで。

まずはとても感動してしまった、繊細なケーキのお店。

le petit gateau

458 Little Collins St

Melbourne

www.lepetitgateau.com.au

ル・プチ・ガトーって読んでいいんですかね?

たまたま、ケーキ買って帰りたいなぁと思ってurbanspoonで

検索してみつけました。

家に帰ってきて調べたら、2007年(たぶん)にオープンして以来、

日系媒体で取り上げられたり、ブログで記事にされたりしてます。

毎年7月からメニュー&値段が変わるっぽいので、

2012/2013のものとしてご参考にしてください。

ちなみに、ケーキのショーケースに値段の札はついてません。

でもメルボルンのオサレケーキは一個8、9ドルするので

まぁそのくらいだろうと思ってたら予想通りのお値段でした。

1年に50セントずつ、うまく値上げしてる感じです。

物価は上がるのに商品やサービスの値上げはしにくいので、

確実に物価に合わせる、このアイデアは真似したい。

いちおう店内でもケーキとコーヒーを楽しめますが、

やっぱり狭いです。

店内では写真撮りたくなかったので、外見だけ↓

photo:02

さりげなさすぎっあせる

今日は飲茶のあとでおなか一杯で、持ち帰りにしました。

(つーか、やっぱり母とこの店、絵にならないし・・・)

ここのケーキ屋さん、ホンモノですビックリマーク

こういうお店を待っていた!

はっきり言ってL~とかいうフレンチパティスリーカフェと比べちゃいかんパンチ!

(ってLのケーキはショーケースみるだけで値段と価値を感じられず

いつも買わずじまいで食べたことないんですけれどもあせる

まずケーキの台座。

ひとつ一つのケーキが、日本ほどじゃなくても大事にされてます。

そしてこだわりの箱。美を重視するフレンチならでは?

私が持ち帰りのコーヒーを待っている間、仕事の合間とみられる

お兄さんがひとり、ぶらりと入ってきて、たった一つのケーキを

持ち帰りにしていました。

だけどちゃんとお店のロゴ入りの小さな箱に入れるんです。

こういうの、大好き♡

私が買ったケーキたちはこちら↓

photo:01

金箔とか使っちゃってます。

ある意味日本で食べるオサレなケーキみたいよ~ドキドキ

みかけはシンプルな、四層のケーキ。

PBJって名前だったかな?

ピーナツにも金粉が降り掛かってるってあせる

見た目だけでなく、もちろんお味も良いです。

最初は全層バクッと食べて、ハーモニーを味わい、

その次は一層ずつ、ヘーとかホーとか味わいました。

(家で食べるので、誰にも見られないから)

とにかくパティシエのこだわりを感じるケーキ。

お店の奥はキッチンになっていて、そこでたくさんのパティシエが

ケーキやペストリーを作ってるところが見えます。

ビジネス的にはオープンして5年以上経ってるので、

チェーン展開しててもよさそうなものだけど、この店はここだけ。

でもケーキのためにシティに行く価値はあるなぁ音譜

ルプチガトーのケーキは留まることなく進化してるっぽいです。

今のSignature cakeはおそらく、私は今回買わなかった、

チョコブラウニーとパッションフルーツのケーキ。

あと、私が今回買った、トップが赤い Cosmopolitan

自家製ラズベリージャム、ホワイトチョコレートチーズケーキに

キャロットケーキという異色の組み合わせ。

これもまた意外なお味でしたね。

日本でもこのレベルのケーキだったら1個800円はするかと。。。

見た目同じようなケーキでも層が違ったり、トップが違ったり。

目と舌で楽しめるケーキ音譜

今までメルボルンのケーキって、値段だけ高っ!と思ってたけど、

ここのはその価値あると思いますビックリマーク

また今度行くのが楽しみデスにひひ