読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

Ora Cafe @Kew

こんばんは☆

このカフェ、もともとの出会いは職場(クリニック)探しからでした。

Kewというメルボルン東のサバーブは私の家から車で5~10分くらい。

目指したクリニックの並びに、たまたまオーガニックショップを見つけ、

クリニックのオーナーには無視されて音沙汰なしだけど、

オーガニックショップに行き、その近所をぶらりした時にキラリアップ

入ってみたらカウンターの上には シンプルにiPadがレジ代わり。

カウンターは半分ガラス張りで、カップケーキとかガラスケースに

ちょっとだけ並んで。

うわ~、こういうお店、大好きラブラブ

お店自体は広くないのだけど、オープンしてからあまり経っておらず?

お客さんのリクエストで夕方遅くまでオープンすることにしたよ~と

お知らせがありました。

カフェで遅くまで営業するお店って貴重なのですグッド!

いちおうお店が並んだエリアにあるのだけど、店頭に大きな看板とかがない。

友だちの家みたいなカジュアルカフェ。

といっても、そのときもまた次のときもコーヒーのテイクアウェイだけで

全然くつろいだことはのだけど。(たぶんその記事は前に書いたかな?)

コーヒーについては豆のブランドがでかでかとあるわけでなく、

でもおいしくいただいてました。

で、先日初めて友だちもこのお店をオススメで、ランチに行ってきました音譜

かなりアジア人率が低いので、紹介してよいものか迷ったけど・・・

Ora Cafe

156 Pakington St

Kew

意外とお店の前の道に車を止めるスポットをみつけるのが大変かも。

私がオーダーしたのはビートルートのテリーヌ。

photo:01

DS1がビートルート好きなので、ビートルートで料理を作りたかった私。

おいしくて、こんなふうになるんだ~って感動でした☆

どのメニューも一捻りしてあります。

逆にオーソドックスなのがない??

この点も変わりモノ好きな自分にはサイコー合格

接客サービスも良かったです♪

入り口の棚に販売用の日本語のサイフォンコーヒーの箱入りが並んでて、

うわー、なぜに日本の?と疑問だったのだけど、このとき友だちからOraには

日本人シェフさんがいるんだよ、ときいて納得ビックリマーク

このお店は2人かあるいは5、6人で行くのがベストな造りのような?

私たち、3人で行ってイマイチ席がなく、通りに面したカウンター席に

アジア人3人並んでしまいましたあせる

まぁ逆におひとりさまで行っても全然オッケーで、私には好都合にひひ

このお店、すごく気に入ってます。

だからこそ母を連れて行くのは抵抗があります。

行ってはいけないような。

この小さなカフェの雰囲気を壊したくない気持ち。

早く非アジア系のパートナー(食べ歩きの)を見つけなければ!

と思う今日この頃。。。

そして道端にさりげなくたたずむオサレなカフェ探しは明日も続く・・・