読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリアwithスペシャルキッズ

個性的な息子たちが日本デビューする日まで

11th Birthday Party in Sydney

お久しぶりです。こんばんは☆

数日ぶりの更新になりました。

週末は なう しましたが、シドニーにおりました。

強行一泊スケジュールで、土曜の早朝に発ち、日曜の夜帰ってきました。

目的はDS1の11歳の誕生会に参加するため。

自分のパーティなのに「参加」って変ですけどあせる

去年までのクラスメイトで、12歳になる5月生まれのTと合同パーティ。

全部彼のママに企画手配してもらっちゃいました。

私たちは当日朝着いて、そのまま会場のロッククライミングへ。

そこは前に住んでいたところの近くで、一度だけ行ったことがありました。

11歳のパーティにしては人数多め。20人弱!

そして自閉っ子ならでは、でそこにいる親の数も多い!

ほとんどの子はDS1のクラスメイト。

TとはたまにオンラインでDSマリオカート7とかで遊んだり、

Wii Uビデオチャットしてて、久しぶり~な感じはしなかったけど、

やっぱり会えてよかったよね。

そしてウチの子たちもそうだけど、よその子の成長も早い!

横に縦に大きくなった子もいました。

DS1と同じく今年からローカル(普通学級)小学校に転校したMも

パーティに来てくれました。

お互いの家を行き来したこともある、Mと彼の弟。

うだうだ~とする感じで目線合わずに会話するDS1とM。

そして、担任だった先生もかけつけてくれました。

しかもプレゼント(現金)までビックリマーク

この先生、Cには本当に今までもお世話になってきて、

引越してからも相談に乗ってくれて、感謝しっぱなし。

自閉っ子教育に人生半分以上ささげてる感じ。

本当にありがたいことです。

飛び入りでもう一人先生がきてくれて、すごくうれしかったです。

ロッククライミングでは親もザイル(だっけ?)をはめて、

下から見上げて、降りる時には少しずつロープを弛めてやります。

私は前回行って、上を見過ぎて首がちょー痛くなったことと、

今回はブーツという格好だったこともあり、その役をしませんでした。

普通のキッズパーティ会場と違って、会場のオーガナイズはほぼナシ。

子どもたちは好き勝手に遊び、テーブルに載ったお菓子を食べたり、

ジュースを飲んだりしてはまたクライミングに戻り・・・

自閉っ子ばっかりなので、ぴったりかもね!と思いました。

DS2もいっちょまえにロッククライミングしましたよ。

photo:02

photo:01

うちの子たち、まさにCheeky Monkeysビックリマーク

小猿のように壁、ロープ、ハシゴにうま~く登りまくってましたにひひ

photo:03

photo:04

2時間の制限時間のうち、最後の30分でケーキタイム。

今回はママさんの手作りカップケーキを並べてキャンドルをともし、

二人同時に吹き消しました。

photo:05

楽しく遊んだ後は、同じく元クラスメイトでパーティに来てくれた

J一家の家へ子どもたちは遊びにいきました。

彼ら一家はとってもきさくで、家族ぐるみな感じの付き合い。

今までもアフタースクールプレイとか何度も行き来してました。

私は一人になった時間は仕事してましたあせる

依頼がいただけるのはうれしいことですね。

そして一旦夕飯の時間はJ一家は出かける予定が組んであったので、

一度私が迎えにいき、そのあと夜は子どもたち初のスリープオーバー。

お泊まりで、夜になってまた子どもたちはJの家に行きました。

そして私はシドニーのほとんどの日系レストランに顔が利くMさんに、

私が行ったことがない日系レストランに連れて行ってもらいました音譜

この話は写真を撮ってきたので、また別の記事で!

で、夕方の暗くなった頃に、私、相当ついてる!って出来事が。

NSWポリスさんのお出ましとなってしまいました。

あそこで偶然出会ったのだとしたら、本当にすごいツキです。

張られてた?かもしれませんが。

もう私、メルボルニアンですわよ!シドニーの交通ルール忘れました。

シドニーではどこでもUターン禁止ですって。

つーか、シドニーQOL低過ぎます。

メルボルンに慣れたらシドニーで車を運転できないですね。

道幅は狭いし、曲がりくねってばっかりだし、制限速度は低いし。

もうシドニーではレンタカーしないことにします。

つまり子連れではもうシドニーに行きたくないです。

シドニーに着いたら一人で颯爽とタクシーで移動したいです。

それでそういう身分に戻るべく、また仕事に精を出しますわ。

動機が不純でしょうかね?

アイタタな罰金、53000円を払うためにもね。

私みたいにADHDでアクシデントで出費が多い人って

それをカバーできる収入がないと生活できませんね、ほんとに。

もちろんその問題行動が修正できれば良いのだけど、なかなかね。

そんなこともいろいろ考えたシドニー滞在でした。

今回は子どももいたので、子どもがいる友人や知り合いには

ほとんど声をかけませんでした。

子どもがいる家庭は、週末はそれはもう忙しいですから。

Mさんと食事できてよかったです。

他にもシングルの人がいたのだけど、予定変更の恐れもあったので

誘わないでおきました。

いつか一人でシドニーに行ったら、次は平日。

そしたらママ友ともお茶かランチはできるかなと思うので。

日曜日の午前中は子どもたちの父親が子どもたちに会うというので、

私が一人泊まったホテルをチェックイン後、Jの家に子どもたちを

迎えにいき、父親に引き渡して私はまた仕事へ。

半端な時間だったので、私は楽しみにしてたラーメンを食べれず、

また子どもたちをピックアップ。

子どもたちにはお父さんとプレゼントでもらった大きなカイト

(凧)をあげておいで、と行ったのだけど。

結局前に住んでた家の近くのショッピングセンターに行っただけだと爆弾

これで父親がどんだけ子どもたちと父親らしい遊びをしないか証明された。

遊べよ!外で!

子どもたちもそうだけど、まぁ父親からして自閉傾向があるので

読めてはいたけど。ほんとに読み通りだったので笑うしかない。

午後はビーチか博物館か、行こうと思ってたけど、子どもたちが眠い!と

機嫌が悪くなったので、フライトの予約の2時間前にすでに空港へショック!

まぁ空港でゆっくりiPhoneを充電できたし。

カンタスだけのターミナルに並んだお店を端から端までチェックできたし。

ゆっくり帰ってきました。

飛行機の中で出たサボイ系のスナックがけっこうおいしかったです。

家に着いたら速攻で夕食を食べて、子どもたちと9時には寝てしまいました。

今朝は私も子どもたちも8時に起きちゃって、自分でもびっくり。

二日分寝た感じ。

さぁまた今週から私の新しい人生、第二幕がスタート。

いろいろ動き始めます。

子どもたちは今週末締切の学校のアートショーの作品を仕上げねば。

来週月曜日に学校で展覧会です♪

ではすてきな一週間を☆